オンラインの家庭教師始めます

いや、まあいろいろな事情で家庭教師でもしようか、と思っているのですが、このコロナ禍の中で生徒の家にお邪魔するのもなんだかな、という気がしますね。コロナウィルスをご家庭に持ち込む可能性についてどうしても考えてしまいますので。

また通塾もコロナウィルスが心配です。昨年のようにしばらく授業ができない、ということも考えられます。何しろ昨年、塾も学校もストップした時の何倍も感染者が出ていますから。

そこでオンライン個別指導の出番です。

やり方その1

オンライン個別指導を行っている会社に登録してそれに乗っかる。

これが今のところ一番楽にできるかな、と。ただ会社を通すと一応会社も中身をチェックするのであまり自由な指導はできない、というデメリットと、あくまでも個別指導なのでグループ指導ができない、というデメリットがあります。しかも現時点では登録してもらえるかどうかもわからない。

登録できて、どうにかなりそうならばこのサイトのトップページでおしらせします。しばらくお待ちください。

 

やり方その2

自分でオンライン個別指導塾を立ち上げる。

この場合zoomを使うことになりますね。マイクロソフトのteamを使ってもいいのでしょうが、持っていない人もいるかもしれない、ということでただでも使えるzoomを使うのが正しいと思います。問題はzoomを使える環境をお客様にご用意いただくことですね。一応スマホ、タブレット、webカメラ付きパソコンのどれか(いずれもネットに繋がっていることが前提)があれば問題はありません。

 

これだと気のあった友達と一緒になってグループ受講もできます。料金を一対一の時よりも割り引く、とか、あるいは頭割り(一対一の料金を90分9000円として、二人ならば一人4500円、三人ならば3000円とか。あくまでも一例です。3の倍数にしないと上手く割り切れないので)とかいうことも考えられます。

 

この場合たとえば希望に応じて何回か対面も行えるような機会が作れます。何人かグループで対面指導の機会を設けるということが考えられますね。同じ学校の定期テスト対策なぞ需要あると思います。

定期テストの時期だけ勉強を見る、というのも考えています。これならば他の塾に通いながら少しだけ弱点を補うということもできます。

 

自分でやる場合はシステムもこちらで考えるので、ご要望に存分にお応えできるのではないか、と思います。とにかく融通が利きます。というよりもこの場合これから一緒に作っていく感じになります。

授業のない時の質問対応も、受講生の人数が限られているので無制限に対応できますし、また勉強に関係のない、あるいは科目に関係なく当方でお答えできる問題であれば最大限対応できます。

どこかを通していない分、自由度が高いので、社会と国語を必要に応じて教えることもできます。英語も中学生の間はなんとかなるのではないでしょうか。数学は自分で解けなくても教えることはできるかもしれません。高校生のレベルに踏み込むことは流石に不可能ですが。理科は生物分野ならば。と、このようにいろいろ考えを出しことはできそうです。こういったことをテストの直前に見直すために

 

「やり方その1」は現在登録待ちで、登録してもらえるかどうかもわかりません。登録してもらえたらこちらでも告知します。その場合、その家庭教師システムに申し込んでいただき、指名をする形になると思いますが、それがうまくいくかどうかも分かりません。

「やり方その2」については、もし希望があるならば、下のお問い合わせフォームからお問い合わせをいただければ、返事をいたしますので、メールのやり取りで細部を詰めていきたいと思います。やり方も定まっていないので、「やり方その2」については顔見知りの方に限定させていただきたいと思います。zoomの使い方がわからない、という方にはこちらから使い方をお教えいたします。

 

根本的な課題として私の教えられる科目は限られてしまう、というところです。

以下の科目に限らせていただきたいと思います。

中学社会・国語(特に古文・漢文、一応現代国語も対象とします)

高校社会

大学受験日本史

フォローする

前の記事

講演情報を追加しました

次の記事

助詞